スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

二度目の抱っこリレーと初めての子守唄

長男が生まれた翌日も、可能な限りNICUに行きました。

1分でも1秒でも、少しでも長く一緒にいたい・・・


午後、NICUに到着して長男のところに行くと、長男はぽかぽかの身体ですやすや眠っていました。


酸素飽和度と血圧は低いままだけど、体温も心拍数も安定している。

よく頑張っているね。


身体を拭いて、産着のお着替えをさせてもらいました。

もう一度母乳を絞ってめんぼうで口に含ませてあげました。


看護師さんがママの(母乳の)においのついたガーゼをもって長男の顔のそばに置いてくれました。

「こうすることで赤ちゃんも安心しますよ」と言って、長男にたくさん話しかけてくれました。


出生届を出した話をすると、看護師さんが長男の名前をラベルに書いてくれました。

診察券も「○○(私)の児」から、長男の名前に更新してもらえました。


この日は15時すぎに義両親と長女が、

19時すぎに私の実両親が来る予定だったので、

みんなが来る前に長男を独り占めして抱っこさせてもらいました。


パパのこと、ママのこと、お姉ちゃんのこと、たくさん話しました。

生まれてからまだ1日なのに・・・

話しても話しても話しきれませんでした。


こんなにかわいい顔をして眠っているのに・・・

今にも消えそうな命だなんて信じられませんでした。


出生届を出しに行ってくれていた主人が到着し、主人が長男を抱っこしてくれている間、私も少しだけ休ませてもらいました。

きっと今夜も長くなる、長女が来たときに疲れた顔を見せるわけにはいかないから少しだけ・・・。

(出産直後で私も疲れていたのかもしれないけれど、今となっては休まずにもっと長男と一緒に過ごしていれば良かったと思います。)


少し休んだ後、長女と義両親が到着する前にNICUに戻りました。

主人は長男と男同士の話をしていたそうです。

ママとの出会いや、良い女の見分け方を伝授したとか(笑)


パパもたくさん話したいことがあるんだよね、

長男くん、良い話が聞けたかな?


この後、面会に来てくれた義両親と娘、実両親と交代で2度目の抱っこリレーをしました。

不思議なことに抱っこリレーを始めると数値が安定し、

特に義父と長女が抱っこすると酸素飽和度と血圧が上がって数値が良くなります。

やっぱり抱っこされていることがわかるのかな?

抱っこで数値が良くなるのであれば、ずっと抱っこしていたい、そう思いました。


実両親にとってはこれが長男との初めての対面でした。

前日も来てくれていたのに、会わせてあげられなくてごめんね。

でも、間に合って本当に良かったと思います。


この日は途中で長女が昼寝してしまったり(私のベットで寝ました)、ママと一緒に帰りたいとぐずられてしまいましたが、長女もよく頑張ってくれていたと思います。

長女もお姉ちゃんとして2度目の抱っこをしてくれました。

とても上手に抱っこでき、本当におりこうさんでした。


娘ちゃん、本当にありがとう。


すぐに会うことができる親族には全員会えました。

長男くん、よく頑張ってくれたね、ありがとう。


みんなが一通り抱っこして落ち着いたころ、

残り3時間と言われてから1日以上経っていました。


抱っこリレーの効果か、数値も安定していたので、

先生のすすめもあり、この日は主人には帰宅してもらいました。

(何かあっても自宅から病院へは10分で来られます)


私は抱っこリレーのアンカーとして長男を受け取りました。


たくさんたくさん長男と話した(話しかけた)後、長男に初めての子守唄(一部替え歌)を歌いました。


ゆりかごのうたを

カナリヤがうたうよ

ねんねこねんねこねんねこよ


ゆりかごのうたを

○○○○(長男)にうたうよ

ねんねこねんねこねんねこよ


ゆりかごのうたを

パパとママがうたうよ

ねんねんこねんねこねんねこよ



あなたのお姉ちゃんもこの子守唄が大好きだったのよ。

ぐっすり眠ってね。


そう話しかけながら

時間ギリギリ(ベットに戻すと約束した時間の23時)まで、

何度も何度も歌いました。


ベットに戻る時間になり、長男を腕から離しました。

たくさんの看護師さんや先生の手を借りて、長男がNICUのベットに戻りました。


病室に戻る前、二度目の「おやすみ」をしました。

数値も安定している、モニターを確認して、

先生と看護師さんにご挨拶してからNICUを後にしました。


この時、2度目の朝が来ると信じていました・・・。


長男の身体は暖かくて、

ほっぺはふわふわで、

小さな手と足がたまらなく愛おしくて、

ずっとずっと抱っこしていたかったです。


スポンサーサイト

2013/09/24 15:00 
長男のことComment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

1. 無題

記事を読む度に涙が出てしまいます。       
皆さんに抱っこされて、息子さんも喜んだと思います。                          

今、これから先も息子さんは、ひつじママさんの
側で皆さんを見守ってくれると思います。


No:3619 2013/09/24 19:06 | リオン URL編集 ]

2. 不思議ですよね

そうやって、受けた愛情は潜在意識のなかにちゃんと蓄積していくものなのですね。
数値の安定は、やっぱりわかっているから、感じているからだと思います。

長男さんには、ちゃんと届いてたんだと思いますよ。


No:3621 2013/09/24 19:34 | あすみん URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。