スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

塩村文夏都議へのセクハラ野次に思うこと


先週、とても残念なニュースを耳にしました。


6月18日に開かれた東京都議会で塩村文夏都議へ向けられたセクハラ野次です。

※詳細はこちら


妊娠、出産に関わる不妊など女性の悩みについて質問中に『お前が結婚しろ!』『産めないのか?』など、大変に女性として残念なヤジが飛びました。

あまりにも酷すぎる内容に耳を疑いました。


少子高齢化が問題になっている昨今でも、子供が欲しくて不妊治療をされている方はたくさんいます。


不妊=女性に問題があると思われがちでしたが、不妊の原因は女性だけではなく、男性にも原因がある可能性があるけれどあまり知られていない。


不妊治療を受けるにあたって、男性の協力を得る難しさから、悩みが大きくなる女性たちのサポートも必要。男性不妊に関する知識について、男性も含めて若い世代に啓発する必要があると発言してくださった塩村議員に、『お前が結婚しろ!』『産めないのか?』って・・・

一体どういう神経しているんでしょうか?


百歩譲って、街頭で演説をしている時に出た民衆からの声なら仕方がない(有権者の全員にわかってもらえる問題ではない)かもしれませんが、有権者から選ばれた議員が言って良い内容ではないと思います。


子供がいなかったら、結婚していなかったら、言っちゃいけないんですか?


一人の議員に対して「自分が結婚して子供を産めば」って、あまりにも目先のことだけに着目しすぎていませんか?


「産めないのか?」って、一体なんなんですか?


塩村議員は一人の女性であり、有権者から選ばれた議員です。

みんなの代表として意見を申し上げているのに、あまりにも品の無い悪意さえ感じる野次に怒り心頭に発します。


現在の不妊症・不妊治療・男性不妊の認知度は何パーセントなんだ?

不妊治療を受けている人はどのくらいいるんだ?

不妊治療によって生まれた子供は何人いるのか?

それを啓蒙することで、どれだけの効果があるのか、出生率上昇が見込めるのか?


など、そういった質問なら全然いいと思うんです。


でもね、この日塩村議員へぶつけられた野次は、あきらかに屈辱的な内容であり、セクハラ・迷惑行為。


野次の声はひろっているんですし、分か人には誰の野次なのかわかっているはずですよね?

誰が野次をとばしたのかつきとめて、きちんと謝罪させ、都知事には野次を飛ばした議員やとりまきへそれなりの処分、解雇通告して欲しい!


民間企業なら当然懲罰委員会にかけられる内容です。


こういった低俗な野次が飛ぶ状況、都民として恥ずかしいです。


野次をとばした議員は、人として間違っている上に、選挙で選ばれた都民の代表だという意識が欠落しているのだと思います。


このままうやむやになりませんように。


もっともっと不妊治療・出産・子育てに対するハードルが下がり、安心して妊娠を望み、産み、育てられる環境が整備されることを願っています。


【6/23追記】

本日、「お前が結婚しろ!」と野次を飛ばした議員が特定されましたね。苦しい言い訳をしていましたけど、もう隠せないと断念し、党の幹部から促されて表に出てきたのではないでしょうか。

産めないのか」と発言した議員は未だ公にはなっていませんが、早急に特定し、野次を止めることなくまわりで笑っていた議員を含めて、しかるべき処罰をしていただきたいと思います。




-----------------------------------------------------
先日この本を書店で読みました!
↓↓↓


10分でできる簡単でバランスの良いレシピが紹介されていました!

冷えやすい、疲れやすい、ストレスの多い生活をしていますが、この本を参考にバランスの良い食事を目指していきたいと思います。



☆ランキング参加しています☆


ブログ更新の励みになりますので、ポッチして頂けると嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


*本日もお読みいただきありがとうございます*














スポンサーサイト

2014/06/24 06:00 
育児Comment(3)Trackback(0) | Top ▲

コメント

1. 無題

本当にこのニュースについては腹がたちます(><)
名乗り出てくるのん、正直遅いと思いましたしね。
他の発言をされた方もしかるべき対応をしてほしいですね。

私もこの本持ってます♪
最近作ってなかったのでまた見返して作ってみます☆


No:4122 2014/06/24 08:06 | ななこ☆ URL編集 ]

2. 無題

ほんとほんと、ヤジは伝統といっても、その内容に情けなく思いました。

そして、少子化といっても、結局男性は(多分ヤジの根本は、ご本人が男性だから、ということでしょうから)他人ごとと思っているのかしらん、子どもを持てないで、それを悩みと思っている人がどのくらいいるか、やっぱりわかっていない人が多いのだなと不妊治療の経験者(継続中ですが)として痛感しました。

子どもができないこと、或いは子どもを生まれる前に亡くしてしまうこと(不妊治療している人は、統計的にも流産経験者が多いですので)、そういうことに対する感じ方、やっぱり女性のキモチは男性にわかってもらえないのかしら…と悲しくもなりました。

ただ、今まででしたら「あはは」と笑い飛ばされていたのかもしれません。
女性議員の集まりから苦情が来るくらいだろ、と。
まさか、こんなにマスコミで、海外で取り上げられると思っていなかったのでしょう。
一般の女性も声を上げて、署名活動までなされるとは。
こういう流れを、民の声として、きちんと認識してほしいですね。


No:4123 2014/06/24 09:36 | みゅー URL編集 ]

3. 何だかね。

この騒動、今回に限って何でこんなに大きくなったのかね…
聞けば、こういった野次は、石原都知事時代からずっとあって、今回のこの野次が飛んだ際も、知事を始め、何人もの都議員が笑っていたらしい。またいつもの野次だよ、あはは、くらいに常態化しちゃってる状況で、最初は自民党も、誰かは特定しない、と言っていた。でも、何故だか今回に限って、大きく報道された。
Twitterで、もの凄い速さで塩村都議のツイートが拡散されたからだとしたら、民意にいち政党が反応せざるを得なかった、って事なのかね。


No:4124 2014/06/24 11:59 | くにゃむ URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。