スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

小学校の壁に悩む 学童保育編(2)と家探しについて

※先週記事にした「小学校の壁に悩む 学童保育編 」の続きです。


先日の記事にはたくさんのコメントやメッセージをいただきありがとうございました。

一つ一つのお言葉にとても元気をもらい、また、同じように悩まれているワ―ママさんのお話はとても参考になりました。本当はお一人ずつお返事を書きたいのですが、時間の関係でお返事できずに申し訳ないです。たくさんのアドバイス、本当にありがとうございます。



本日は、集団登校についての悩みを書こうと思っていたのですが、書いているうちに前置きが長くなってしまったので、「学童保育変(2)と家探しについて」としました。

※集団登校編は後日UPします。


話が飛んでしまって恐縮ですが、今日は私の家探しに遡ってお話したいと思います。


まず、私が家探しをするときに決めた条件は


①安全なエリアであること・近隣の環境が良いこと

犯罪率も考慮しながら、近隣に有害と思われる施設がない(子育てに支障が無い)ことを確認しました。


②子供が小学校になった時に通いたい学区の住所であること

都内でも犯罪発生率の高い地域や、公立学校が荒れている某区に住んでいる子は、環境を心配して小学校受験する子(最低でも中学校受験する子)が多いと聞きました。

環境が原因で私立に行く学費(コスト)を考えたら、多少背伸びしても、受験の必要が無いくらい環境の良い地域に住むメリットは大きいと思います。

私はお受験しなくても安心して通わせることができる学校を調べ、某都心3区に絞って家探しをしました。


③子供が小学生になった時でも、朝「行ってらっしゃい」ができる場所であること

仕事はずっと続けることが前提でしたので、小学校入学後に朝から鍵っ子にすることがないよう、勤務  先から30分程度で通勤できる距離を目標としました。

共働きを続けるならここはかなり重要なポイントです。


④公立の認可保育園に入れる場所であること

娘の場合、0歳4月の認可保育園入園が不承諾となり、結果的に待機児童となって、1年間無認可園に通うことになりましたが、私が引っ越してきた当時は、両親フルタイム勤務の共働き・実家遠方なら第一子でも0歳4月入園ができました。


⑤10年住んた後、引っ越すことを考えられる予算で買える価格であること

環境の変化、また、子供の進学等で、引っ越しする可能性もありますので、10年で住宅ローン完済できる価格であることを前提に家探ししました。(一軒目の自宅はこの条件を満たしています)

※現在引っ越して(同じマンション内です)2つ目の家に住んでいます。

思いのほか早く引っ越すことになり自分でも驚いていますが人生何があるかわからないですね。


⑥交通利便性に優れていること

主人も私も異動になって勤務地が変わったりする可能性があるのであるメイン路線を含めた複数路線が使えることを優先しました。

また、将来的な資産価値も考慮し(大きく値下がりしない条件として)、駅徒歩5分以内を理想とし、最低でも駅徒歩10分以内を必須条件としました。


でした。


子育て経験が無いころの私が、子育てをすることを前提に考えに考えて決めた条件。

なんとか、条件に合う物件が見つかり、今に至ります。


しかし、今思えば、無認可(認証)保育園や、病児保育、学童保育の保育時間と、区立の学童に行った場合の学童学区をノーマークだったことに、今更ながら後悔しています。


保育園については、引っ越した当時は全員入れた勤務形態でありましたから、まさか自分が認可保育園に入れないなんて思っていませんでしたし(当時、待機児童が少ない自治体として取り上げられていましたので転入者がどっと増えたようです)、病児保育を使えないなんて想定外(近くの病児保育は毎回キャンセル待ちで使えた試しがありません)、ましてや学童保育なんて小学校に併設されているから大丈夫だと勘違いしていました。


区立学童は、住所で割り振られるので、通っている小学校に学童が併設されていても、住所によっては小学校併設の学童に通えません。(予め分かっていたらもっと絞って家探ししたかも。。。)


一つの小学校でも、学童保育は数か所に分かれてしまい、我が家の住所の場合、隣の小学校の学区内にある学童保育に行くことになります。


しかも、学童保育希望者が増えたことにより、こんなに狭い場所でこれだけの人数預かるの!?ってくらい子供たちがぎゅうぎゅう詰で、保育園と比較すると劣悪な環境に見えてしまうことも・・・。


私が見学に行った時のことだけで判断すると、とてもみんなでおとなしく宿題しましょうって雰囲気ではないんですよね。


ここでは詳細を控えさせていただきますが、他にもいろいろあって、正直な話、区立の学童に預けるデメリットを多く感じてしまい、安心して任せられる状況ではないです。(仕方なく預けている方も多いのではないでしょうか)


小学校入学まで2年を切り、いろいろ考えながら、民間の学童や公立小学校を調べるうち、区内の、ある地域に私にとって魅力的な学童施設や公立学校、進学塾が集中していることに気がつきました。


私が家探しをしている時は交通の利便性から(複数路線使えません)検討外になったエリアではあるものの、子供の教育環境を考えたら最高の環境です。

知名度でいえば、今住んでいる住所の学区の小学校の方が有名ですが、そのエリアの学区の小学校は評判も良いですし、校舎もきれい。


もっと早くわかっていたら、この地域で家探しも検討したのになあせる

この地域の不動産価格を調べたら、今住んでいるエリアと大差ないですし、もし今の家と同じ広さ・グレードの物件が出たら引っ越してもいいかも!?と思える程です。


これから家探しをされる方、よーく調べてくださいね!



特に魅力に感じているのは安心して預けられる民間学童があること。

先週の台風の日も、木曜のお昼には金曜に臨時開校する旨のお知らせがきていて(娘はこの学童の未就学児コースに通っているのでチェックしています)朝8時から預かってくださるとのこと!

これはものすごーく有難いです。

※区立学童の休校時預かりは8:30からです。


今の家に住みながらこの民間学童に通うとなると、少なくとも1年生のうちはファミリーサポート等で送迎をお願いする必要がありますし、お迎えに行くこともハードルはあるのですけど、区立の学童にはない安心感と信頼を感じ、保育時間も有意義な過ごし方ができると思います。


また、区立の学童は、なんと学童の父母会が存在するそうです(汗)

保育園の父母会役員も経験していますので、存在意義もわかりますし、学童父母会が不要とは思いませんが、小学校の壁が更に厚くなる気がしてしまい、、、お役目を果たせるのか心配です。

学童父母会は1年生から3年生の学童保護者の中で役員を決めて、父母会活動するようですが、1つの学童にいる預かり人数を考えたらたぶん3年間のうちに1度は役員をしなければいけないでしょうし、バザーなどの業務もあり、役員会も多そう・・・。子供が1人ならまだしも、兄弟がいたらどうなっちゃうんですかね。

小学校のPTAと、学童の父母会、仕事をしながら掛け持ちするって、フルタイムで仕事をしながらできるんでしょうか?考えれば考えるほど不安です。。。

しかも、学童の保育料だってじわじわ値上げされることが決定していて、娘が通う頃には子供1人あたり月9,000円(保育料7000円+おやつ代2000円)になります。

※民間学童は学童の父母会なんてありません。


私の住むエリアでは小学生ママの7割が専業主婦だそうですが、共働きの3割は住民税・所得税(法人税)を納税していることでお役目を果たしている(社会に還元している)とみなし、PTA活動も負担の少ない共働き枠を設けて欲しいくらいです。。。


2年後、一体どうなってしまうのか、、、全く予想できません。


保育を希望する世帯が増え、区立の学童保育のニーズが増えていることはよくわかるのですけど、施設のハコが変わらないまま人数だけ増えてしまっていて、ひずみができている気がします。


保育時間を保育園の延長保育同等にして、環境が良ければ(横浜市の「はまっ子」のように小学校を開放しても良いのではないでしょうか)、安心して仕事を続けられるんですけど、ものすごーく厚い壁に今から押しつぶされそうな気分です。


娘が小学校に入学する2年後までに、自宅近くに魅力的な民間学童ができるか、区立学童の保育時間や質が改善されないと、本気で引っ越しを検討するか、働き方を変えるしかありません。


全てを手に入れることはできないし、何かを得るためには何かを手放さなければいけないことはわかっていますが、女性の社会進出を促すなら、保育園の問題に加え、小学校の壁問題も真剣に取り組んでいただきたいです。


【くにゃむさんへ】

ほんと、くにゃむが近くにいたら、お世話になりたいよー!

あなたなら心から安心してお任せできるんだけどね。(もちろんお礼はさせていただきます)

近所に専業主婦の友達はいるけれど、幼稚園組や小学校お受験組だから、こちらからは「お願い」できない状況なのよね。。。お声掛けいただけたら甘えたい気持ちはあるものの、普段日常的にお付き合いしているママ友達はみんなワーキングマザーだし、主婦ママとはたまーに会うくらいだから、自分からお願いできる程の関係ではなくて、悩ましい。

同じマンションに信頼できるママ友達もいるんだけど、残念ながら夏に引っ越してしまうので、孤独育児まっしぐらです(汗)


----------------------------------------

ワーキングマザー友達が絶賛していたこちらの書籍、私も読んでみようと思い図書館で予約しました!

早く読みたいような、読みたくないような・・・(汗)
↓↓↓


☆ランキング参加しています☆


ブログ更新の励みになりますので、ポッチして頂けると嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


*本日もお読みいただきありがとうございます*

スポンサーサイト

2014/07/14 06:00 
育児Comment(6)Trackback(0) | Top ▲

コメント

1. 3,5も

実現できたらベストでした
交通の便、学校の距離は考慮して家を建てたので満足度は高いです
夫婦とも1.5時間以上を通勤にかけていて、その中でも中間地点かつ私の実家の近くにしました
住み替えができたらいいですね(私の夢です!)
子供が小学校に入ったら毎朝実家に送ってそこから登校してもらおうと思っています(集団登校なし)
第二子も小学生になったら我が家から登校しようかと考えています
家を建てるときは小中学校が近いかかは加味しましたが、学童については考えてない(当然あるだろう)状態でした
私の職場の話でも小学校の壁は話にでてこなくて、保育園の大変さばかり聞いていました
小学生になったら楽になるんだろうなあと思っていました
復職したら聞いてみようと思っています!


No:4144 2014/07/14 10:41 | らいおん URL編集 ]

2. 孟母三遷

ですね。。
私も時短、小学校受験、郊外を含めた引越を含めていろいろ検討しています。
せっかく仲良くなれたマンションママ友は本当に貴重なんですけど。
ひつじママさんにもいろいろお話お伺いしたいです。
共働き家族にはまだまだとても安心して働ける環境とは言えないですよね。
お互い試行錯誤、頑張って行きましょう!


No:4145 2014/07/14 10:46 | NANA URL編集 ]

3. いい面もありますよ 1

(すみません、長くなったので3つに分けますね)
 はじめまして、学童問題、心配ですよね。ただ、お耳に入るのはネガティブな話ばかりかもしれませんが、ひつじママさんの地域の公立学童にも実際にはいい面がたくさんあることをお伝えしたくて初コメントします。

 我が家はおそらくひつじママさんと近いエリアじゃないかしら(学区は違うと思いますが)などと想像しなています。夫婦フルタイム、上の2人が学童にお世話になり、下にもう一人保育園児が控えていますので、6時で終わってしまうこと、人数が多いことなどのご不安よくわかります。また、大きく違う立場の人間ではなさそうなことをお伝えするためにあえて書きますと、夫婦ともご近所の大学出身でいわゆる学歴・キャリア面ではひつじママさん宅同様に恵まれた立場にあり、子供にも当然、同じかそれ以上の将来を想定して子育てに当たっています。また、子供に過度な負担をかけてまでキャリア一辺倒の考え方ではなく迷ってらっしゃる点も共感しております。

 ご存知のように、この区の学童はもともと児童館併設か小学校内が多いのですが、近年はそれ以外の場所での増設も増えています。どちらにしても、需要増に合わせて定員が増えているので、見学されたときのごちゃごちゃ感と驚きは想像できます。全国的にみればこの区の学童制度は非常に評価が高く、優位性が高いとはいえ、近年増やしてきた定員を元に戻してほしいいうのは皆が感じており、各学童の父母会が集まった区連協(区に対して一定の発言権をもっています)からも定員減の働きかけはしているようです。

 ただ、それはそれとして、安心して預けられない環境だというご認識は、ちょっと実態と違う面もあるのではないかなと思うのです。この区の学童の指導員の方たちは各学童2名がフルタイムで、児童館などでの指導経験が豊富な人が多いです。保育園のように丁寧かつきめ細やかに、という感じではないですが、それは子供の年齢的に自然なこと。近隣転居で2つの公立学童を経験していますが、どちらの学童でも子供たちは学校とは違う「素」に戻って遊び、先生たちも一人ひとりを学習指導とは違う目線でよく見てくれています。教育機関ではなく、もう1つの「家」なので、狭い意味での教育機能は確かに弱いですが。


No:4146 2014/07/14 12:00 | みどり URL[ 編集 ]

4. いい面もありますよ 2

<続きです>
 小学生になると急速に子供だけの世界が広がるため、ある程度子供に任せ(トラブルも経験させ)つつ、要所を見守るという指導はされていると感じます。学童という場で子供だけの世界にどっぷり浸かって地域の異年齢の子供たちとぶつかりながら遊び、まりつきやけん玉、体を存分に使う遊びなどを楽しむ時間と場所が確保されるのは、我が家には大きな魅力です(学童なしで帰宅する子たちのほうが、放課後はゲーム三昧だったり、暇つぶし?に習い事を詰め込んだりで、子供らしい過ごし方をさせるのが難しいと感じるのは偏見でしょうか)

 厳格な勉強時間はありませんが、学校から戻るとまず宿題の時間があり、夕方また30分ほど学習タイムがあります。いろんなご家庭がありますので、まったく勉強しない子もいますし、私もよそ様には「学童だから勉強しなくって」と決まり文句のようにいいますが、我が家も含め、多くの子供は学童で宿題をしています。要はその子のやる気と、親の働きかけではないでしょうか。低学年のうちに毎日何時間も勉強する必要はないわけですし(我が家は学童で宿題を終わらせ、自宅では塾系通信教育を30分ほどしています)。先生たちも親の希望は重々わかっていて、子供を抑えつけない程度に宿題をするよう声掛けしてくれます(してくれなければ、お願いすればいいわけですし)。

 結局は、低学年期の放課後に子供にどんな体験をさせたいか、ですよね。そのご家庭が最優先に求めるものが、民間学童のような丁寧で守られた環境や学習指導というのももちろんありだと思います。保育時間も魅力ですし(私は6時すぎに帰宅できるよう働き方を調整しました)。

 ただ我が家の場合は、公立学童に通ってみて、第2の家のような環境で色々な価値観の仲間と過ごせることが実は最大の財産なんじゃないかと思っています。「いい」地域とは言われますが、本当に色々な子がいますし、おそらく中学高校以降は似たような家庭の友達に囲まれることになるでしょうから・・。私自身、効率よく仕事を回して成果を出すことを至上命題にして日々過ごしていますが、子供が頭でっかちでない幅のある人間に育つには、幼い時期の「余分な経験」や回り道こそが大切だと感じるにつけ、学童で子供らしい時間をもてることを有難く思います。


No:4147 2014/07/14 12:02 | みどり URL[ 編集 ]

5. いい面もありますよ 3

<最後です> 役員は確かに手間がかかる場合もありますが、保育園と同様、働く親の集まりですし、もし公立学童に行かれる場合、協力する気持ちさえあれば何とかなるのではないでしょうか。バザーでも運動会でも各学童のイベントでも、子供は子供だけで十分動けるようになって寄ってこないので、親は親の仕事に専念でき、その意味での負担感は保育園より少ないかも。小学校のPTA役員はとりあえず4年以降に先延ばしですね(笑)。
 また、小学校の情報が入ってきにくい共働き家庭にとって、学童の親ネットワークは心強いです。子供目線で考えても、自分の親が友達の親とつながってイベントを盛り上げている様子はうれしく、安心材料になるようです。このあたりも「ママ、私のことを放っておかないで」という感じの保育園児とは変わってきます。

長々と書きましたが、そんなわけで、悪いことばかりじゃないですよということをお伝えしてみました。ブログに書かれていない「悪い話」を見聞きされているのかもしれませんが、人が集まれば、小学校でも学童でも公立でも民間でも色々なトラブルは起きますし。引っ越しも含め、迷うことがいろいろありでしょうが、ご家族にとってハッピーな選択をされますようお祈りしています(空き時間に急いで書いたので、偉そうな書き方になってしまっていたらすみません!)


No:4148 2014/07/14 12:03 | みどり URL[ 編集 ]

6. わー(´Д` )

まさかブログ内でコメ返し頂けるとは(笑)。ありがとー。
そうだよね、専業主婦のお友達がいても、そこまで踏み込める間柄って、なかなか居ないよね…。
そして、引越しでそこまで色々考えてたなんて、流石としか言いようないよ。それでもなお、悩みは尽きないとは…。

他の方のコメントも拝見させて頂いたけど、飛び込んでみるのも一つかもしれないね…悪いところばっかりじゃない、って経験者の方の言葉に、成る程なと思った。そんな環境に揉まれて、逞しくなるかもしれないしね。異年齢と関わり合うって、意外と学校ではあまり無くて希少な経験だもの。
それでも、ひつじママにとっては、就業時間の変更は余儀無くされるので、やっぱり悩みどころかな…
全然役立ちコメント出来なくてゴメンね。


No:4149 2014/07/14 17:41 | くにゃむ URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。