スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

ママ心と祖母心

新盆一日目、義母さんが来てくれました。

お花や果物、長女と長男くんへのプレゼントを持って。


義母さんは、たまたま妖怪ウォッチのメダル付きラムネがスーパーに売られているのを見つけたそうで、長女と長男用に2つ買って来てくれたのですが、これが原因で一悶着・・・。


娘の大好きな妖怪ウォッチ、妖怪メダルは1つだけ持っていましたが(少し前に偶然ファンブックを購入することができて、付録でついていたものです)当然妖怪メダルが欲しくて欲しくてたまらない年頃です。


長女は義母さんから妖怪メダルをもらってとっても喜んでいたのですが、長男の分もあると知ると、長男の分も欲しいと言いました。


まだ5歳、欲しい物は欲しい、その気持ちはわかりますが、もう分別のつく年齢です。


私は、良いともダメとも言わずに「自分が同じことをされてもいいと思うならいいよ。自分がされて嫌だと思うならやめておきなさい。」と長女に言いました。


長女は「もしも自分だったら嫌な気持ちになる・・・」と言ってしょんぼり。


リビングの端に行き、うつぶせになって寝転んでみたり、ほかの部屋に隠れていじけていたので、「隠れていないでこっちにおいで、言いたいことがあれば聞こえるところまで来てお話して」と話しかけたけど反応なし。


欲しいけれど、いけないことだと分かったから我慢していたんだと思います。

気持ちを消化をするためにウダウダになっていたのでしょうね。


その様子を見ていた義母さん、いたたまれなくなったのか

「○○○(長女)に○○○○(長男)の分の妖怪メダルをあげたらいいのに」と言いだしました。


私は義母に「欲しいからといっても、駄々をこねたらもらえると思われては困るので」と言ったのですが・・・

義母は「○○○○(長男)はこの世にいないんだからいいじゃない。仏様にあげたものは、あとでみんなで食べたりするでしょ?」「私が買ってきたものなんだし、今回だけねって言えばいいじゃない」って・・・


この世にいないからって言われても・・・

今回だけねって言われても・・・


私の中では同じなんです。

長女も、長男も、大事な子供。

気持ちの上では全く同じで、、、義母の発言にとてもショックを受けました。


長女だって、いつか長男に会えると思っているし、大人になったら長男と結婚すると言っているぐらいで、生と死の区別がついていない状態。


この世にいないからいいとか、いるからだめとか、、、、そういう問題ではないんです。


妖怪メダルを二つとも長女にあげたいなら、最初から長男にはあげなければよかったのに。

一度は長男にあげておいて、長女が欲しいと言うから長男の分も長女にあげるって、私は違うと思います。

(長男と長女とを同じようにして欲しいとは思っていません。してくれたらとても嬉しいですが。。。)


そんなことをストレートに義母に言うことはできないし、かと言って何も言わすに長女にあげられては困るので、勇気を出して

「この先もし兄弟が生まれたら、同じ問題が発生します。一事が万事なので、安易に○○○○(長男)の分をあげられないし、今回だけ特別とは言えません。今回、○○○(長女)の我儘をきいて、望みを叶えてしまったら、これからも毎回特別を求められますよ」と言いました。


ここで納得してくれると思ったのですが・・・


義母は「もし兄弟ができたとしても、実際に目の前にいるのといないのとでは違うわよ。目の前にいる兄弟のものをとって兄弟が泣けば悪いことをしたと気付くでしょ。私が買ってきたものが原因で、○○○(長女)がすねているのを見ると辛いのよ」って。。。


目の前に兄弟がいるいないっていうのも、どうかな・・・と思いますが、もし目の前に兄弟がいたとしても生後しばらくは意思表示できないわけで、兄弟が生まれてからはじめて「泣かれたから悪いこと」だと気付くって遅すぎるのでは?

兄弟関係でなくとも、お友達との関係だって然り、相手の持っているものが欲しいという欲求は、望んだからといって全てが叶えられるものではないんです。


そもそも私は子供がとらえる物事の善悪について、子供が自分自身で判断できるようにサポートすることを心がけています。

善悪の判断基準が、相手が泣く泣かないとか(泣かせた後に悪いことをしたと気づくのではなく、事前に予想して気づいて欲しいと言う意味です)、親の判断による・相手の反応を見て事後に考えるのではなく、自分で予想して行動できるように導くお手伝いをしているつもり。

義母とは、この考え方が異なっているのだと思います。


結局、義母にとっては、目の前にいる長女が「今」満足するかどうかが重要なんですね。

長い目で見れば、長女をここで甘やかすのは良くないから、言葉を選んで義母に伝えたのですが、義母にとって、長男はもう「いない」存在で、目の前にいる長女が「今」満足すればそれでいい、そう思っているように感じました。


確かに長男はこの世に存在していません。

義母の言っていることが全て間違っているとは思いません。


でも・・・長男はカタチとして存在していなくても、長女と同じように大事にしている愛息子です。

悲しくて、悲しくて、義母に見つからないように隠れて泣きました。


この記事だけ読むと、義母を誤解させてしまいそうなので、あえて書かせて頂きますと、義母は普段とても思いやりのある優しい義母さんです。嫁姑問題とは無縁ですし、いつも良くしていただいて感謝しています。普段はKYなところも(そんなに)ありませんし、長男のことも大事におもってくれていると思います。

物事のとらえ方、感じ方は人それぞれですから、義母に私と同じ価値観を求めてはいません。


義母も義母で、思うところはたくさんあると思います。

私も、いつか孫ができたら、目の前の問題だけに着眼して、義母と同じことをするかもしれない。


正解のない問題ですが、ひつじパパが私と同じ考えであったことはとても救いでした。

(ひつじパパは不在にしていましたので、義母が帰宅してからこのことを話しました)


ひつじパパは義母に私がショックを受けていたことだけでも伝えようか?と言ってくれたのですが、義母は自分がよかれと思って買ってきた妖怪メダルのことで、こんなことになるなんて思ってもいなかったでしょうし、私の考えが理解できない部分もあるかもしれないので、わざわざ言わなくていいと言いました。


もうすぐ一周忌もありますので、もしその席で同じ話が出たら、ひつじパパから話してもらおうと思います。


ママ心と祖母心、お互い子供・孫を想う気持ちは同じはずなのに、なかなか難しいですね。


-----------------------------------------


妖怪メダルをはじめてGETした妖怪ウォッチファンブックはこちらです。

↓↓↓

今回の騒動に発展した妖怪メダルはこちら。

↓↓↓

どちらのプレミア価格ですね(汗)



*最後までお読みいただきありがとうございます*


※今日もブログ村ランキングはお休みします。













スポンサーサイト

2014/08/15 06:00 
長男のことComment(3)Trackback(0) | Top ▲

コメント

1. 無題

共働きママさんとして、いつもお手本にさせていただきたいと思いながらブログを拝見させていただいております。

おじいちゃんおばあちゃんは孫が可愛い可愛いの一心ですが、親の立場からするときちんと教育して善悪のわかる思いやりのある子に育ってほしいし、わかってほしいと思います。

私が授かれば、両家にとって初孫です。さぞ甘やかされる様子が今から目に浮かびます。苦笑 愛情いっぱい、教育してあげたいです(^^)


No:4182 2014/08/15 07:55 | まりあ URL[ 編集 ]

2. わかる…

同じ状況では無いにしろ、我が家は同居なので、娘に対する母と祖母の考えの違いは、まま発生するよ…
普段良くして貰ってるだけに、物凄い伝えづらいし、言ったところで多分分かって貰えないだろうけど、でもわだかまるし…娘が成長するにつれ、その度合いは増える一方(ーー;)。
子の心の成長云々より、目先の笑顔にばかり囚われてるんだよね。孫って、まあそういう存在なんだろうけど…

息子くんのこと、いない、なんて言われると辛いね。心には常に、確かにいるんだもの…ほんと、旦那さんの理解があって良かったね…。


No:4183 2014/08/15 08:52 | くにゃむ URL編集 ]

3. 無題

悪気はないにしろ、お義母さんの言葉には傷つきますね
子どもが大きくなるにつれ教育方針の違い?で?と
感じる場面も増えてきそうです。
夫婦で意見が同じでよかったと思います
旦那さんが親の肩を持ったという話をよく聞きます

うちの親は昔は子どもに与えない教育方針でしたが、
孫(うちの子ども)には全く態度が違います
安い(100円ショップ)おもちゃを大量に与えて
うちの親が満足したいみたいです
やめてと言ってもやるし、持って帰るといいますがその頃にはうちの子どもは飽きていて(-_-;)
すぐに壊れて使い物にならないので






No:4184 2014/08/15 12:05 | らいおん URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。