スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

きのこの炊き込みご飯を作りました

土曜日に娘と一緒にきのこの炊き込みご飯を作りました!


娘と一緒にお買い物に行ったところ、きのこがたくさん売っており、娘が興味津津でしたので、このきのこで大好きな炊き込みごはんを作ろうという話をして、4種類購入。



・えのき 3つで100円

・ぶなしめじ 1パック100円

・エリンギ 1パック100円

・白まいたけ 1パック100円


これだけ買って400円でした!

さすが商店街の八百屋さん、安い☆


(松茸も売っていましたが高くて却下しています)


どれも年中食べられるきのこばかりですが、気にしない(笑)


早速、お米を精米して(我が家は玄米を都度精米しています)、水につけ、準備スタート。


備忘録とて、レシピを記録しておきたいと思います。


【材料】

・お米 4合

・きのこ (この日は、えのき・ぶなしめじ・エリンギ・白まいたけ各1パック)

・にんじん 中1本

・ツナ 1缶(油揚げがなかったのでツナ缶で代用)

・しょうが 1かけ 

・しょうゆ 大さじ4

・白ワイン 大さじ4(日本酒がなかったので白ワインで代用)

・味源の出汁 1パック(中身を出して使用)

※出汁パックを使用されない方は、お米を水につける時に出汁汁を使うと良いと思います。


【レシピ】

①お米を研いで30分ほど水に浸す(普通に精米する分量で)

②きのこ・人参を適当な大きさに切り(ほぐし)、しょうがはみじん切りにする(おろしてもOK)

③①に出汁1パック(味源の出汁の場合は中身だけ)・しょうゆ・白ワイン・ツナ・②を入れてかるく全体をかき混ぜる

④炊飯器の炊き込みご飯モードで炊飯スタート


炊飯直前の様子はまるで「きのこ風呂」です

↓↓↓


炊飯完了とともに炊き込みご飯のできあがり!

↓↓↓


色はちょっとアレですが・・・味はめちゃくちゃ美味しかったです!


包丁が危ない年齢でも、人参の皮をピーラーで剥いたり、きのこをほぐしたりする作業は簡単なので、小さな子供でもお手伝いできますね。娘もマイ包丁を使って上手に手伝ってくれましたニコニコ


この日は、炊き込みご飯の他、さつまいも(頂き物)とちくわ(冷蔵庫の残り物)の天ぷらを作り、秋の味覚たっぷりな夕飯となりました。


娘は炊き込みご飯だとおかわりするほどたくさん食べてくれるので、助かりますし、一緒に作れるということが何よりうれしいですね。


今回は娘がきのこをほぐしたり人参を切ってくれている間にうっかり全て私が計ってしまいましたが(汗)次回からは調味料の計量も娘と一緒にやってみようと思います。


------------------------------------------

私が愛用している味源のだしパックはこちらです!

↓↓↓

これ、きっと一生リピートするのではないかと思うほど気に入っています♪

美味しい天然だしが簡単にとれちゃう優れもの!

おみそ汁やおすまし等を作るときも、これをさっと1袋入れるだけでOK。

塩分控えめでも満足できる味が簡単に決まります。


新米の季節になりました!

楽天ランキングの上位に出ていたお米、美味しそうですね。

無洗米なので、洗う手間が省けます。

↓↓↓


☆ランキング参加しています☆


ブログ更新の励みになりますので、ポッチして頂けると嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


*本日もお読みいただきありがとうございます*

スポンサーサイト

2014/09/30 06:00 
料理Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。