スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

チョコレートケーキ

少し前のこと、英語教室のお友達のおうちにご招待され、親子で遊びに行きました。


ご招待くださったお友達(Aちゃん)を含めて、子供は8人、大人(ママ)は7人。


Aちゃんは、この日に訪れるみんなの為におばあちゃんと一緒に立派なケーキを作ってくれましたケーキ



この大きさわかりますか?


見慣れないサイズで何号かわかりませんが(汗)たぶんケーキ屋さんで買ったら1万円くらいはするようなとっても大きなチョコレートケーキです。


チョコレートのたっぷり入ったスポンジにチョコレートクリーム、デコレーションもチョコボールというこだわりで、本当にお見事!


Aちゃん、スゴイラブラブ!


早速みんなで取り分けていただくことにしました。



しかし・・・みんなが歓声をあげる中、ひとり浮かない顔の娘。。。


実は、娘はチョコレートが大の苦手なんです(汗)

ショートケーキは大好きなのですけど、チョコというだけで拒否反応が。。。


私は今まで娘にチョコレートをあげたことがなかったのですけれど、義実家に娘だけ泊りに行った時、娘が初めて食べたチョコレートがビターだったようで、チョコレート=苦いものとインプットされている様子。


せっかくAちゃんが作ってくれたのだし、私が味見してみたら苦くなかったので、娘には「このチョコレートケーキには苦くない魔法がかかっているんだよ」と洗脳(?)して食べさせてみたものの、「苦い!食べられない!いらない!」と言われてしまい、一人だけスナックタイムを中断。


娘の発言を聞いたAちゃんは「だったら食べなくていいよ!」とちょと怒った顔をしていました。


娘とAちゃんは、もともととっても仲が良いのですけれど、なんだか険悪な雰囲気が。。。


ちなみにこの日集まった子供たちのうち、娘を含めて2人の子供がチョコレートが苦手だったものの、娘以外の子供は全員喜んでケーキを食していました。


娘の気持ちもわかるものの、せっかく作ってくれたAちゃんに申し訳なくて、娘の残したケーキは私が完食。


娘に代わって私からAちゃんにフォローしました。

「Aちゃん、チョコレートケーキとっても美味しかったよ!作ってくれてありがとう。○○○(娘)はチョコが苦手で食べられなかったけれど、とっても美味しかったよ。失礼なことを言ってごめんね。」と。


Aちゃんはにっこり笑ってくれたけれど、せっかく作ってくれたケーキに文句を言われ悲しかったろうな。

Aちゃんのママにも事情を話して理解してもらいましたが、思ったことをそのまま言ってしまうことで、相手が傷つくことがあることは娘に理解してもらわなければいけません。


帰宅後、娘と向かい合って、この日にあった良かったこととそうでなかったことを話し合いました。


娘には良かったことを褒めた後、Aちゃんとのケーキのやりとりについて、Aちゃんの気持ちを考えてもらうことに。


「自分がお友達の為に作ったケーキを、同じようにけなされたらどう思う?たとえそれが正直な気持ちだったとしても、発した言葉が相手にとってどんな風にうけとられるか考えられるかな?」と尋ねました。


娘は「Aちゃん、嫌な気もちになったと思う、、、。」としょんぼり。


こういう時はどうしたら良かったのかな?と娘に尋ね、相手の気持ちを考えて傷つけない対応を話し合いました。


娘に悪気がないのはわかっています。

ただ、思ったことを正直に言ってしまっただけ。


でも、思ったことをいつでも正直に言っていいわけではなくて、相手のことを考えて発言しないと、相手を悲しいきもちにさせたり怒らせたりすることだってあるんだよと話しました。


苦手な食べ物なら、無理をして食べなくてもいいんです。

食べられない理由を話して、量を少なくしてもらうとか、少しだけ味見をして無理ならママ(私)にバトンダッチしてもいい。

大事なことは、作ってくれたAちゃんに対する感謝の気持ちを考えて行動すること。


今回は、親の前で起きたことですから、娘と一緒に行動を振り返ることができましたが、これからは子供同士だけの時に起こり得ることなのでしょうね


娘はまだ5歳ですが、あと1年と少しで小学生になります。

これからお友達との関係もどんどん複雑になることでしょう。

特に女の子同士だと、ひとつのきっかけで関係がこじれることだってあります。

こじれた時に修復することも大事ですが、事前に防ぐことも大事。

今回のことで、娘がどこまで理解できたかどうかはわかりませんが、相手の気持ちを考えて発言するきっかけになってくれるといいなと思いました。


今まで娘が大人に対して正直な気持ち(心無い言葉)を言っても、子供だから仕方ないと許容してきたものの、相手が大人でも子供でも、言葉を受け取る側の気持ちを考えることができているか気にかけてフォローしながら、見守っていきたいです。


------------------------------------------------

自宅での英語レッスンにDWEのDVDを利用しています!


ディズ二ーキャラクターの登場する歌を繰り替えし流していると、子供がそれに合わせて口ずさむようになり、歌いながら英語のセンテンスが身につきはじめています。


無料サンプルもありますので、ご興味のある方はこちらからどうぞ!
↓↓↓


無料サンプルと一緒にもらえるABCポスターはお風呂に貼っても良し、リビングに貼っても良し、我が家でも大活躍中です☆



☆ランキング参加しています☆


ブログ更新の励みになりますので、ポッチして頂けると嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


*本日もお読みいただきありがとうございます*







スポンサーサイト

2014/11/26 06:00 
育児Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。