スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

七草粥


先週のことですが、1月7日に娘と一緒に七草粥を作りました!

七草はスーパーでパックになっているものを約300円で購入。
P1280332.jpg

毎年、七草ってなんだっけ?と覚えきれずにいますけれど、パックの裏にイラスト付きで紹介されていて助かりました。
P1280334.jpg

まずは娘と一緒に七草を分類してじっくり観察。
P1280342.jpg
やたらと量が多い草と、最低限しか入っていない草とあるものの、とりあえす7つの草を分類することができました。

根菜部分は私が、葉の部分は娘が切って下処理。
P1280344.jpg

炊飯器で炊いたおかゆに、カットして茹でた根菜部分と、食べやすい大きさにした葉野菜を混ぜて10分保温(時間は適当です)で完成!
P1280351.jpg

(ひつじパパ不在だったので)残りもののお節と一緒にいただき、胃腸にやさしい質素な夕食となりました。
P1280359.jpg

娘は保育園でも七草粥を食べたそうです。
自分で作った七草粥は格別だったかな?

私が子供のころは自宅で七草粥を食べるという習慣がなかったのですけど(母が興味なかったのかな?友達からも七草を食べたなんて話聞いたことなかったです)、最近は食に関する季節のイベントがスーパーなどでも積極的に取り入れられ手軽にできますので、可能な範囲で我が家にも取り入れたいなと思います。

ちなみに1月3日に「3日とろろ」(←やってない)とかいう行事があることを今年のお正月に読んだスーパーのチラシで知りました(汗)

次は関東でもすっかりメジャーになった恵方巻きですね。
食べやすいサイズの手巻き寿司でも作ろうかな。

最近は、娘が包丁を使う時でも、多少は安心して任せられるようになったので(ちょっとくらい皮膚が切れるようなことがあっても経験として無駄にはならないですからよっぽど危険でなければ口出ししないようにしています)一緒に料理をするのが楽になりました。
娘自身も「一緒に料理をしたい」という気もちが大きいですから、やる気を伸ばす為にも親が口うるさく指示を出さないように気をつけて、可能な限り見守り娘本人に任せ、最低限のフォローのみとするようにしています。
(↑職場で受けたコーチングの研修を子育てに応用)

年長さんになったら「お手伝い」から「独りで料理」にステップアップできるといいな。
娘ひとりで料理ができるようになれば、家事の戦力になりますし、共働き家庭の夕食事情を考えるとずんごく助かりますので(笑)安全管理に気をつけながら少しずつ娘に任せられることを増やしていきたいと思います。

----------------------------------------
お手伝いの為には、子供用の包丁が必須です!

先が丸くなっていて安全ですし、刃が適度に切れにくいので、けがをしにくく安心。

娘と一緒に課題を持った料理をしたいなと思い、こちらの本を買ってみました。

子供と一緒に参加できる料理教室を調べてみたところ、親子で1回5千円以上したので(汗)とりあえずこの本を利用して(私が先生になって)子供と料理に挑戦してみます。
毎月1~2つの料理に挑戦できたらいいな。

★にほんブログ村のランキングに参加しています★

ブログ更新の励みになりますので、よろしければ下記のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*本日もお読みいただきありがとうございます*






スポンサーサイト

2015/01/12 06:00 
育児Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。