スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

実家で過ごしたGW 1日目

昨日の記事にUPした次男の初節句&お食い初めをした後、車で来ていた父に同乗させてもらい、実家へ帰省しました。

ひつじパパは仕事の繁忙期で、GW期間中は祝日も出勤日となっており、日曜以外休みなし(休みの日も勉強したりしています:汗)なので、私と子供たちだけでの帰省です。

今年のお正月は出産前で帰れなかったから、昨年の夏以来、久しぶりの地元。
実家は隣県とはいえ、次男は初めての長距離移動でしたから車で荷物共々運んでもらいとても助かりました。

現在私は育児休暇中で時間の制約はないし、長女は来年は小学生になり、長期休暇期間以外は暦通りの生活がスタートするので、GWに休暇を繋げてゆっくりできるのは今年が最後。
どうせ自宅にいてもひつじパパは不在なので、思い切って保育園と習い事をお休みさせ、一週間ほど滞在させていただくことにしました。結果的に、ゆっくりさせてもらって大正解!とても充実した連休となりました。

今日から実家に滞在したときのことをキロクとして記事にしていきたいと思います。

早速ですが、実家で過ごしたGW1日目。
(帰省した当日は特段これといったことはありませんでしたので帰省翌日を1日目とします)

朝の授乳が終わった次男を母に託し、実家の裏にある野原(←いまどき珍しい空き地!!)にて、長女と二人で虫取りをしました。

P1300602.jpg

長女は父が用意してくれた虫かごを下げ、背丈の倍くらいある網を持ち、とりあえず格好だけは一人前!?
P1300603.jpg

この野原は私も子供のころよく遊んだ場所です。
昔はもう少し手入れされていて(季節によっては畑でした)、こんなに茂ってはいなかったのですけれど、草をかき分けるようにして進み、虫を探しました。

まだ夏前ですから、ダイナミックに飛び跳ねるバッタやコオロギなど、大きな虫はまだいなくて残念でしたけれど、蜘蛛や蟻、だんご虫、名前のわからない小さな虫などを発見し、あとを追ったり、巣をみつけて観察したりしました。

カメラを向けると魔女になってみせるひょうきんな長女。ママを独占できてとてもうれしかったようです。
P1300613.jpg

妊娠中はずっと安静にしていましたし、次男が生まれてからは特に長女と二人きりで外で遊ぶという時間が少なかったので、この日は久しぶりに思いっきり甘えさせてあげられました。私自身もとても楽しかったです。

午後からは、親戚の家に挨拶に行き、帰りに種苗店へ。
P1300576.jpg

家庭菜園に植える苗をじいじ(父)と一緒に選び、買ってきて、畑に植え、水やりをしました。
P1300584.jpg
※ミニトマト・なす・きゅうり・レモングラスの苗です。
これだけ買って1,000円でした!安い☆

レモングラスはずっと育ててみたかったので、苗が売っているのを発見して感激!
ハーブにはまっていた独身の頃、マンションで数種類のハーブを育てていたのですが、レモングラスの種や苗はどこにも売っていなくて育てることができませんでした。こんなところで出会えるとはびっくりです。タイ料理やハーブティの材料として使います。ミニトマトは素人でも育てやすいし、なすやきゅうりは夏野菜の定番なので外せません!
もしあればパプリカも植えたかったのですけれど、残念なことに置いてありませんでした。

家庭菜園はじいじ&ばあば担当なので、私は苗選び以外、あえて口を出さず、この日はちょっと離れたところから様子をみているだけにしたのですけれど、父(じいじ)に指示された通りに作業する長女の様子をみて成長を感じました。
1年前までは、畑仕事が好きすぎて、何か作業するにも大人の指示を無視したり、待ち切れず好き勝手に行動することが多かったので(汗)、「待つ」ということができるようになったことに感動。自制心が身につき始めているのかな。
私と一緒に選んだ苗を丁寧に植えて、帰るまで毎日熱心に水やりをしてくれました。
植えた苗がどんな風に育っていくのか帰省する度に観察したいと思います。

つづく

-------------------------------------------------

以前購入したこちらの図鑑、実家に帰省するときに持ち帰ろうと思っていたのにすっかり忘れいました(汗)



こちらの野菜と果物の図鑑は鮮やかで説明がわかりやすく、未就学児からでも抵抗なく読めると思います。
東京にいると季節感に疎くなるので、図鑑をみながら旬の野菜や果物をチェックし、スーパーや青果店で確認したりしています。

私が昔育てていたハーブは料理用のものでした。

料理の時にちょこっとちぎって香りや彩をプラスでき、とても便利。
独身のころは日当たりや良い部屋だったのでリビングに置いた鉢でハーブを育て、日課として水やりをしていましたが、今は家庭菜園をやるとするとベランダとなり、何度がチャレンジしてみたものの、日当たりのせいなのか?(ベランダの壁がコンクリートで光が透過しません)うっかり朝の水やりをわすれたことがあったせいか?(汗)枯らしてしまいがちに。。。水の問題だけならリベンジできそうな気もするのですけれど、どうなのかしら。


★にほんブログ村のランキングに参加しています★
ブログ更新の励みになりますので、よろしければ下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*本日もお読みいただきありがとうございます*
スポンサーサイト

2015/05/11 06:00 
家族の話Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。