スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

実家で過ごしたGW 5日目


※昨日の続きです。

実家で過ごしたGW 5日目 は、昨日同様、朝の畑仕事・虫捕り・自転車の練習からスタート。

畑仕事は家庭菜園レベルなので、植えた苗に水をやるだけなのですけれど、長女は毎朝欠かさずに井戸(←畑にはポンプ式の井戸があります)から水を汲み、じょうろで苗を植えた畑まで水を運んでくれました。

祖父が元気だったころは、この畑で季節ごとにいろいろな野菜を作って、出荷したりもしていたのですが、父は勤め人ですし、本家を継いだ伯父も従兄弟も外で仕事をしているので、兼業レベルでは維持できなくなり、今は一角で両親が家庭菜園をしているだけ。自宅近くの一部を残し、殆どの田畑は専業農家の方やそこで商いをしたい方へ貸し出していますので、土地が荒れることはないものの、なんだか少しさみしいです。

幼児教育の中には、季節ごとの野菜や花などを覚える課題もありますが、私が子供のころは生活していれば自然に覚えていったことばかりなんですよね。都心に住んでいると、季節が変わったことを自然で感じることが少なくなっているので、子供は暗記することになってしまいがちですが、本当はこうして自然に触れ、経験することで覚えていくことが一番なのではないかと思います。

前置きが長くなりましたが、この日も飽きずにルーティンワークをこなしたあとは、近所のショッピングモールや、ホームセンターへ行きました。

私はずっと欲しかったものを購入(後日記事にします)し、長女もたくさんの文房具を買ってもらい大喜び。

P1310098.jpg

写真の文房具は、鉛筆4ダース・キャップ10こ(2袋)・消しゴム2こ・下敷き1枚・ふでばこ・折れないシャープペン(←これは私用でした:汗)です。
これだけで5千円超!!!ですが、長女(私?)の為にと父が一緒にお会計してくれて、お金を受け取ってくれなかったので、甘えさせていただくことに。

お父さん、ありがとう!!!

文房具は小学校にあがっても使えるように、非キャラクターのものにしてもらったのですが、よーくみたら隠れミッキーが(汗)
このくらいなら大丈夫なのかしら。。。

他にもいろいろ購入し、一通りのお買い物が終わった後は、お墓参りへ。

父方のご先祖様も、母方のご先祖様も、別々の場所ではありますが、実家からそれぞれ車で10分かからないところに眠っているので、みんなで両方のお墓へ行きました。

お墓で眠っているおじいちゃんやおばあちゃんに次男を紹介し、長男のことをよろしくねとお願いして帰宅。
次男を紹介し、お線香をあげると、目を細めて笑いながら喜んでくれているおばあちゃんの顔が目に浮かびました。

おばあちゃん、ありがとう。

次男をみていると、どうしても長男と重ね合わせてみてしまい、うれしい気持ちとさみしい気持ちが交錯することがありますけれど、二人分だと思って大事に育てていますので、きっと長男も喜んでくれていると思います。

本当は、次男みたいに可愛がってあげたかった、お世話をしたかったな。
元気だったらきっともう走り回っているだろうな。
どんな風に成長しているんだろう。夢でもいいから会えないかな。
次男と同じように一緒にすごして成長を見届けたかった。

そう思うけれど、できない現実がとても切ないです。

ブログでは書かないようにしていますが、どこかに行くたび、自宅にいるときも、ここに長男がいてくれたらよかったのに、どうしてそばにいないんだろうと思ってしまいます。

今年の夏に三回忌をむかえますが、私は今でも立ち直ってなんかいないし、次男が生まれたからといって、長男を忘れることは一日たりともありません。

長男への気持は募るばかり。

この想いはどこに出せばよいのでしょうか。

一生募らせていっても良いのでしょうか。。。。

忘れないし、忘れたくない。

長男君、お空で元気にしていますか?
おにいちゃんになった気持ちはいかがですか?
弟君、あなたに似ているでしょ?
おじいちゃんやおばあちゃんと一緒にいるからさみしくないかな。
天国のお友達と楽しく遊んでいるのかな。
ママは、成長した長男君の姿を思い浮かべて日々過ごしています。
みんなのこと、見守っていてね。


※とりとめのない日記になってしまい申し訳ありません。
 本日はランキングをお休みします。

スポンサーサイト

2015/05/15 06:00 
家族の話Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。