スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

珍しく(?)夫婦喧嘩・・・

先週末のことですが、珍しく夫婦喧嘩をしてしまいました。

ここ数カ月、仕事の繁忙期で、ひつじパパの帰宅は連日深夜でした。

平日はもちろんのこと、土曜日も仕事、日曜日も半日は仕事、たまに休みがあっても講習会出席のため家におらず、珍しく家にいてもモバイルパソコンで仕事をしていて、分担していた家事(夜の食器洗いと洗濯物を畳むことは率先してひつじパパがやってくれていました)もままならない様子。

ひつじパパの状況は理解していましたので、できないまま残っていた(いつもやってくれていたはずの)家事は、何も言わずに私がやり、その事に対して不満はありません。

忙しいのは今始まったことではないし、夏になれば少し落ち着くはず。
今年は家族で過ごす時間が増えそうだな。
そう思って、せめて育児休暇中くらいは内助の功を果たそうと努めているつもりでした。

出張に行った時、「現地の名物料理を食べて美味しかったよ」と電話をしてきてくれた時も、拗ねることなく「良かったねー!」と言い、
講習会が終わった後、「同業の仲間と一緒に懇親会(←飲み会)に行ってもいい?」と聞かれれば、「仕事の付き合いは大事にした方がよいから行ってきなよ」と即答でOKし、
自分で言うのは何ですが、、、ひつじパパが仕事で十分にパフォーマンスを発揮できるよう、私なりにつくしてきたつもり。

もう慣れたものですが、家に大人が私一人しかいない日の夜は、次男のお世話もあって、息つく暇もありません。

夕飯はほぼ座って食べれないし(起きている状態でベビーベットに寝かせてそばを離れると泣くのでエルゴでおんぶしながら私だけ立食しています。ベビーベットはリビングに置いていて、ダイニングテーブルから3mくらいしか離れていないんですけれどね。。。)、授乳しながら長女からその日にあった話を聞き、一緒に図鑑や絵本を読んで家庭学習にもとりくんでいます。

その日のうちにやるべきことをこなし、気付けば就寝時間。

器用な方はもっと効率よくこなせるのかもしれませんが、長女との時間も次男との時間も大事にしたくて、子供たちが私に求めることに応じて行動していると、あっという間に時が過ぎてしまいます。

贅沢な悩みかもしれないけれど、次男が生まれてから慢性寝不足で、体力が落ちているし、私だってちょっとは休みたいよ。
おちついて、せめて座って食事がしたい。。。

そう思っていた時、

ひつじパパから「今週の日曜日は休めるから俺が子供の面倒みるよ。○○○(←私)は休んでいいよ。」と言ってくれ、すごーくうれしかったんです。

日曜日は長女が義実家へ遊びに行く日だし、次男をひつじパパがみてくれたら私は完全フリー☆
ゆっくりお風呂に入って、パックして、読みたかった本を読んで、ソファでごろーんとしようかな。
想像しただけでわっくわくです!!!

でも、結局、仕事で日曜も半日出勤することになり(←前日に出勤してよいか聞かれ快諾しました)、
「午後からは俺が面倒みるから」という言葉に期待して待っていると、

午後2時帰宅。

昼食をとっていなかったので、食事の準備をして食べ(もちろんひつじパパの分)、食事の途中で泣いた次男に授乳をしてあやし、食事の後片付けをした後、やっと私の時間だー!とルンルンしていたら

次男がベビーベットで泣きはじめる。

ベビーベットの隣にあるソファにいたひつじパパは、相変わらずモバイルパソコンに向かっているけど、面倒見るって言ったよね?

でも、、、なぜかそのまま動かず。

見かねて、私が次男のもとへいきました。

ここで、思わず私が一言。

「今日、面倒見るって言ってたよね?仕事で忙しいのは仕方がないけれど、期待しちゃったよ。」

すると、ひつじパパも一言

「期待外れってこと?寝ていたんだし、5分くらい泣かせても大丈夫だと思った」

と・・・・。

(5分ってなんだ?)

忙しい中、子供との時間をつくりたいと思ってくれていたこと、私を休ませようと思ってくれたことには感謝しているんです。
私が逆の立場だったら、自分が休みたいと思ってしまったかもしれない。

でも、、、、ね。

「そうじゃないけどさ」

私はそう言って、言葉を濁したけれど、期待していたことが叶わなかったということは事実で、もやもやした気持ちが残りました。

この件に関して、これ以上の言葉は交わしていません。

ひつじパパは、きっときりの良いところまで仕事をしてから次男のところにいこうと思ったのでしょう。
本意でない行動をとってしまったことに反省している思うし、私は家族の為に仕事をしていたひつじパパを責めることはできないから。

もしこれがゲームに夢中で起こったことだったら「離婚」という文字が頭に浮かびそうですけれどね。

短い夫婦喧嘩となりました。

自分に余裕がないからこうなるんですよね。

育児休暇中なのにこんなことになってしまって、仕事に復帰したらどうなっちゃうのかしら。。。
今までは長女だけだったからなんとかなっていたものの、次男がいると2倍以上に手間がかかり、長女のフォロー(赤ちゃん返りなのか?甘えん坊さんになりました)も増えて体力も時間もいっぱいいっぱい。

我が家と同様に、ご主人が忙しいワーキングマザーのブロ友NANAさんは、
ご主人を「いないもの思う」と達観したお考えをされていて、もはや後光が差した存在です
※NANAさんのブログはこちら

【追記】
本日(6/7)、夫婦喧嘩をした日に生じたもやもやをひつじパパが晴らしてくれました。
今日も、ひつじパパは午前中出勤、夕方も3時間ほど仕事で出ていたのですが、お昼から夕方までみっちり子供と遊んでくれて、とっても家事が捗りました!
夕方(ひつじパパ出勤後)は、クーラーのきいた部屋で母子のお昼寝タイムもでき、ちょこっと体力も回復。

ひつじパパさん、ありがとう!
明日からの出張先では、夜間起こされることはないでしょうから、(懇親会で飲みすぎることのないように)夜はゆっくり休んでくださいね。


---------------------------------------------------------
次男をおんぶで寝かしつけしながら、ひつじパパの購読している雑誌を盗み読み!



現実逃避したいのか?急にキャンプに行きたくなりました!

おしゃれキャンパーの友人が持っているノルディスクのコットンテントにうっとり♡



赤ちゃん連れでの本格キャンプは難しいかと思いますけれど、今年の夏は実家の庭で、なんちゃってキャンプ気分を味わってみたいなと思います。

★にほんブログ村のランキングに参加しています★

ブログ更新の励みになりますので、よろしければ下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*本日もお読みいただきありがとうございます*
スポンサーサイト

2015/06/08 06:00 
家族の話Comment(2) | Top ▲

コメント

我が家かと思った

イヤー、我が家のことかと思うレベルで、あるあるーとうなずきながら読みました!!無事仲直りできたようで、よかったっす!!

うちの場合、ネットで趣味のスポーツニュース見てたりして子供みてくれんかったので、不機嫌を一大アピールしましたけど。。そうか、旦那はいないものと思えばいいのか。。。うーん、難しい!!


No:4380 2015/06/09 15:55 | ぶきっちょ URL[ 編集 ]

Re: 我が家かと思った

ぶきっちょさんのご主人もご多忙ですよね、二人のお子さんをかかえてよく頑張ってらっしゃるなといつも尊敬しています。
ほんと、なぜ子育ては母親だけが主体になってやるものになってしまったのでしょうか。狩りをしていた時代ならわかりますが、現代の家庭内の業務分担としてはアンフェアなのではないかと思ってしまいます。。。
私も「いない」と思いたいけれど、そう思えなくてぷりぷりしてしまうんですよね。うーん。
ぶきっちょさんは、下のお子さんも幼稚園に入園され、少しは時間ができましたでしょうか?しっかり充電してくださいね(*^_^*)
いつもありがとうございます!


No:4383 2015/06/12 01:13 | ひつじママ URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。