スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

子供の友達関係に悩む

現在、保育園年長クラスの長女。
保育園では(何人か心配な子はいますが・・・)お友達に恵まれて、毎日楽しく保育園に通っています。

その中でも、特別仲良しなAちゃん(仮名)がいるのですが、最近、Aちゃんがお休みの日が嬉しいと言うようになってきて、心配しています。
(Aちゃんのご両親は平日休みの日があり、お休みの日は保育園に登園していません)

仲良しのAちゃんがお休みで嬉しいってどういうこと?

長女に詳しく話を聞いてみました。

Aちゃんがいないと嬉しい理由は・・・私にとって、衝撃的な内容でした。。。

①Aちゃんがいないと遊びたい友達と遊べる。
Aちゃんがいると、長女は他の子と一緒に遊べないそうなのです。
長女曰く、一緒に遊びたいお友達は他にもいるのに、Aちゃんはいつも「二人きりで遊びたい」と言って、例えばAちゃんが登園するまで一緒に遊んでいた他の子と3人で遊ぼうと言っても「嫌だ!」と言って怒るそう。
Aちゃんがいないと、自由に好きな子と遊べて、すごく楽しいとか。

②Aちゃんの言葉に嫌気がさした
例えば、長女が自分の好きな遊びに集中しているタイミングで、Aちゃんに「●●して遊ぼうよ」と言われた時、「今○○しているからごめんね」と一緒に遊ぶのを断ると、「どうして友達なのに一緒に遊んでくれないの?」「遊んでくれなきゃもうお話しない!」「絶交だよ!」と言われ続け、時々喧嘩しながらも(長女なりに言い返してはいるものの、Aちゃんの主張が強くてよく喧嘩になるらしい)、仕方なく長女が折れて一緒に遊んだりしていたが、これが毎日のように繰り返されるので嫌になったそう。
ちなみに、長女からお友達にはこのような脅し言葉は使わないです。(自宅でも言わないし、保育園の先生に確認済)

③Aちゃんは不思議ちゃんだと思う
これは、たぶん、嘘をついているのかも?ということを長女なりにオブラートに包んで表現しているのだと思いますが、Aちゃんは「マニキュアを1000本持っている」とか、「アナ雪の▲▲を持っている」とか、大人が聞くと違和感のあるようなことをよく長女に言うらしいです。
長女はとても真面目で、Aちゃんの言葉を真に受けてしまい(汗)、いつも「Aちゃんは○○を持っているんだって!いろいろなものを持っていてスゴイ!」と私に言っていました。
子供は誇張して言う生き物ですし、他人様の子供をこちらが注意するわけにもいかず、長女から聞くAちゃんの言葉に違和感を感じても私はスルーしていましたが・・・どうやら長女も気づいてしまった模様。
「Aちゃんて不思議ちゃんじゃない?」「○○って言っていたけれど、本当のことなのかな?」と、私に疑問形で話してくるようになりました。

④他のお友達からAちゃんがいると一緒に遊べなくて寂しいと言われた
Aちゃんは、約1年前に同じ保育園になった比較的新しいお友達です。
長女は、1歳のころから今の保育園に通っていて、Aちゃんが同じ保育園になるまで特別に仲の良い1人という存在の友達はいなかったものの、4~5人の女の子グループでいつも楽しそうに遊んでいましたし、今もAちゃんがお休みの日は、このグループで遊んでいます。このところ、AちゃんがいるからAちゃんと遊ぶ(Aちゃんが二人きりで遊びたいと言う為)、Aちゃんがいないから○○ちゃん達と遊ぶという状態だったものの、最近、もともと仲良しだったお友達に「Aちゃんとばっかり遊んでいるから、一緒に遊べなくて寂しい」と言われたそうです。①と共通することではありますが、長女はAちゃんがいる時も、Aちゃんだけでなく、みんなと仲良く遊びたいと強く思い始めた模様。

他にも細かな話はあったものの、ざっくりこの4項目が主な理由のようです。

長女の話だけ聞くと・・・「そりゃ、私だって嫌になるかも」と、思ってしまいました(汗)

Aちゃん、独占欲が強いんですね。。。
どんなに仲が良くても、相手を自分の思い通りに動かすことなんてできないんです。
多少のジョークはかわいいものだけれど、信じていたことが嘘かも?と気付くと、不信感につながりますよね。
仲が良くなりすぎて、「友達なら、私の言うこと聞けるでしょ?」と思い始めたのでしょうか・・・。
Aちゃん、まだ幼いから、加減がわからないのでしょう。

Aちゃんと長女は、本当に仲良しだったんです。
ネガティブな部分をいろいろ書いてしまってはいますが、Aちゃんにも優しいところは沢山あるし、長女と気が合うので、まるで双子のようにくっついて遊んでいました。
Aちゃんの登園している日は朝から抱き合って喜び、毎日手を繋ぎ、一緒に過ごしてきたので、親としては複雑な気持ち。
今もAちゃんの猛アタックにより、一緒には遊んではいるそうですが・・・気持ちが離れつつあることを感じています。

いつのまにか
いてうれしい
いなくてうれしい

という存在になってしまった模様。

この状態が数カ月続き、「お友達なら、相手のことを考えてあげなきゃいけないでしょ?なのに、Aちゃんは私にこんなこと言うんだよ。」と語ってくる長女に対し、私はAちゃんをかばいきれなくなってしまいました。
(かばいきれなくなっても、私からAちゃんを卑下するような発言はせず、ただ長女の話に共感しながら聞いています。)

このままでは、Aちゃんにとっても良くないと思い、保育園の先生に相談して、様子をみてもらうことになったのですけれど、これからどうなるのかしら。

先週、先生がAちゃんに尋ねたところ、Aちゃんは今も「一番の友達は○○○(長女)ちゃん!」と言っているそうですが、長女に聞くと、同じ答えはかえってきませんでした。

子供同士のことだし放っておくのがいちばんかな・・・とも思ったものの、このまま何もしなければ、長女からAちゃんへの気持ちは冷めていきそうだと感じました。長女との関係悪化で、Aちゃんが孤立してしまうかもしれない。

問題行動やいじめなどが伴わない限り、子供の友達関係に親が介入することはしないつもりだったのに、結局介入してしまった。
今回のようなケースでは、明確な被害が僅少なので、どこまで間に入ったらよいのかわかりません。
保育園の先生に相談してしまったけれど、これで良かったのでしょうか。

とりあえず、本件は、プロである先生に一任しようと思ってはいますが、これが小学生だったら同じことはしなかったかもしれません。

長女の親の立場として考えたら、「そんなことを言うAちゃんは本当の友達ではない」と長女に言ってしまおうかと思ったくらいですが、現段階では子供に対して聞かせる言葉ではないと思い、飲み込みました。

また、Aちゃんの親の立場として考えても、もし自分の子供がこのような状態だったと知ったら、多かれ少なかれショックは受けると思います。

Aちゃんと長女は別の小学校へ行くので、長女にとってはとりあえずあと8カ月の付き合いではあるけれど、このままのAちゃんだと、小学校に入ってから別のお友達が出来た時に苦労するのではないかと心配です。
ここで軌道修正する機会があっても良いのではないかな。

私にはどうすることが正解なのかわからないし、Aちゃん側から見ればまた違う面がみえるかもしれませんが、
Aちゃんも長女も、いろいろな経験を通して、交友を深めてくれたらいいなと思います。

-------------------------------------

世界で一番美しい海のいきもの図鑑を購入しました!
↓↓↓

一般的な図鑑とは構成が異なり、海の中の写真をふんだんに使った図鑑です。
まるいで一緒に泳いでいるのではないかと錯覚するくらい入り込んでしまう美しいうみの写真ばかりでうっとり。

こちらの図鑑も美しいですよー!

コンパクトでお出かけ時に持ち歩きやすいです。
(図鑑にしてはお値段もお手頃なので、多少汚されても気にしないことにしました。)

★にほんブログ村のランキングに参加しています★
ブログ更新の励みになりますので、よろしければ下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*本日もお読みいただきありがとうございます*
スポンサーサイト

2015/07/27 06:00 
育児Comment(4) | Top ▲

コメント

内容は違いますが、息子も最近、お友達トラブルがあり、先生に相談させていただいたばかりです!

「小学生であったらわざわざ先生には言わないかな」ということなのですが、息子はかなり気にしていたため、先生に「あくまで、息子側から聞いた話としてですが、息子が気に病んでいる様子なのでご相談」ということでお話しました。

先生からは、「そのことを知らなかったので、報告してもらって良かった」ということと、「もう少し大きくなれば、子供同士で少し距離を置いたりしながらうまくやることも必要なのかもしれないけれど、今の段階からそれでは寂しいし、今のうちだからこそ子供にも理解して欲しいこともあるので、そのためには大人(=先生)の介入がまだ必要」というお返事をいただき、先生にお任せすることができました。

年中さんまでは、子供同士のいさかいも本当に一時的なものばかり(ちょっと叩いたとかぶつかったとか)でしたが、やはり成長とともに複雑になってきますね。小学生以降はもっと大変でしょうね。


No:4422 2015/07/27 19:27 | よっちっち URL[ 編集 ]

Re: タイトルなし

よっちっちさん

そうなんですよね。小さい頃は、おもちゃをとったとられたとか、叩かれた(噛まれた)など、わかりやすい原始的な問題だったものの、成長とともにみえにくい問題が出てきて、気をもんでいます。
学年が上がると先生ひとりあたりの園児数も増えていき、数人の先生で一クラス全員をみていますから全員をつききりでみているわけにはいかないことでしょう。今回の問題の場合は言葉だけのやりとりなので、中立的な立場で両方の話を聞いても、言った言わないになってしまうかもしれません。
Aちゃんは長女のことを何を言っても許してもらえる存在だと思っているのかしら。。。
本当の友達は相手を思いやると思いますが、Aちゃんはお母さんに「喧嘩するほど仲が良いから、親友とはたくさん喧嘩してもいいんだよ」と言っていたそうです。。。
子供だから理解が及ばないのでしょうけれど、親としては複雑な気持ちです。
(うちも先生はこのようなやりとりがあったことに気づいていなかったようです)


No:4423 2015/07/29 01:04 | ひつじママ URL[ 編集 ]

良好な親子関係ですね

この記事を読んで、娘さんとひつじママさんとの間には良好な信頼関係があるんだなと感じました。
私自身4,5歳の幼稚園のころお友達関係で嫌なことがあっても母に言うことはできませんでした。心配かけたくないとか、こんなこと言っても母には取り合ってもらえないのではないのかという思いが強くて。
娘さんはここまできちんとお母さんに自分の思いを伝えられる、そしてひつじママさんも娘さんの様子の変化に気づいたり、声がけができているということはとても羨ましい親子関係です。うちもそんな風になれるといいな…と思いました。(問題の本題とはずれたこと書いてすいません。)

残り8ヶ月、Aちゃんとの関係が険悪にならない形で、保育士さんのサポートを得りつつやり過ごせるといいですね。一番いいのはAちゃん自身がやりすぎた、言いすぎた、これでは嫌われちゃう、と気づいてくれることなんでしょうけど。


No:4424 2015/07/29 23:43 | ななこ URL編集 ]

Re: 良好な親子関係ですね

女医のななこさんへ
コメントありがとうございます。
娘と良好な信頼関係ができていると良いのですが・・・こうして話しあえる一方、最近色々と反省することが多いです。(後日限定記事で書きますね)
子供同士の問題にどこまで親が関わっていいものか、過干渉になっていないか、長子なので手加減がわからず迷いっぱなしで、はぎれの悪い記事になってしまいましたが、こうして本音を言える関係を継続できるようにしていけたらいいなと思います。
ななこさんは子供のころからお母様思いだったのですね。記憶にはっきり残っているのもスゴイです(*^_^*)
私はどうだったかな?と記憶を辿ってみたものの、未就学時期にどのように母と関わっていたのかあまり覚えていませんでした(汗)小学校の頃は母の期待にこたえたいとちょっと無理してでも頑張っていたことは覚えているのですけれど、お母さんに素直に甘えることが私も苦手だったかもしれません。(甘えているお友達を見て羨ましいと思ったことあありました)




No:4425 2015/07/31 03:00 | ひつじママ URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。