スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

Because I am a Girl


先日、毎月継続的な支援をしているプランジャパンより会報誌が届きました。

P1320655.jpg

いつも通り目を通していると、ある記事が目にとまりました。

Because I am a Girl

「女の子だから」という理由で虐げられてる女の子たちのこと。

P1320657.jpg

世界のどこかには、「女の子だから」という理由で、教育どころか、十分な食事も与えられず、必要な医療も受けられず、生き延びることさえ難しい子供たちがいて、負の連鎖が続いていること。

plan1.png
plan2.png

このようなことがあることを知識としては知ってはいましたが、会報誌を通し、とても身近に感じて、ものすごくショックを受けました。

私自身、女の子として生を受けましたが、性差別のない時代の日本に生まれたことと、両親のおかげで、教育の機会も十分に与えられて、子供の頃から学校に行くのは当たり前、希望すれば大学まで行けることは当たり前のことだと思っていました。
男性と肩を並べて働き続けることも当前のことで、今の時代、性差を理由に平等に機会が与えられないことがあるだなんて(特に独身の頃やDINKSの頃は)ありえないと思っていました。

雨露をしのげる家があることも当たり前。
自分の考えを自由に発言できることも当たり前。
今まで食べ物に困ることもなかったし、お金の苦労も知りません。

でも、これは決して当たり前のことではなく、とても恵まれたことなのですよね。

貧困問題は国内でも起きていることではありますけれど、日本は義務教育があり、奨学金制度もあり、条件を満たす方には生活保護を受けられる制度もあり、ベースとして守られているレベルは恵まれていると思います。

プランジャパンの会報誌を通して知る世界の子供たちの現状は、まだまだたくさんの支援が必要です。

私にも、女の子の子供がいるので、どうしても長女と重なってみえてしまい、胸が痛くなりました。

プランジャパンの支援を始めて3年目。
今までも同じような記事が紹介されていたこともあったのかもしれませんが、忙しさにかまけて見落としていたのかな。

こうして「今」気づけたことは、何かの導きかもしれないですね。

この話は、長女にも教えてあげたいと思い、会報誌とともにこちらの絵本を一緒に読みました。



「世界がもし100人の村だったら」

かなり前に子供と一緒に読んだ時は、まだこの内容を理解するのが難しい頃でしたが、今は理解できることも増えて、わかりにくいことも噛み砕いて説明すると自分なりに解釈しながら理解してくれたようでした。

プランジャパンの会報誌と世界がもし100人の村だったらを読み聞かせると、長女は涙ぐんで、
「どうして女の子だからって学校に行かせてもらえない子がいるの?」
「どうして100人に1人しか大学に行くことができないの?」
「病気になるほど太っている人がいるのに、食べ物が無くて辛い人がいるのはどうして?」
「たくさんお金をもっているひとは少ししかいないのに、お金が無くて大変な思いをしているひとがたくさんいるのはどうして?」
と、たくさんの疑問を持ち、私と話し合った後(私にも正確に答えられる内容でないことは、長女の考えを聞かせてもらい、一緒に考えました)、自分の貯金箱を差し出して、このお金もこの子たちにおくりたいと言いました。

私が家族の代表として支援しているから(ひつじパパは別の団体へ継続的な寄付をしています)、長女の貯金箱は気持ちだけ受け取ったけれど、大事な貯金箱を持ってきてくれた長女の気持ちが嬉しかったです。

いまの環境が自分にとって当たり前のことだと思うと気づけないけれど、世の中にはそれが当たり前でない人がたくさんいます。
支援の必要な人を自分の手で直接助けることは簡単ではないけれど、プランジャパンへの金銭的な支援を通して、これからも力になっていけたらいいなと思います。

------------------------------------------------------------

プランジャパンの詳細はこちら→プランジャパンTOP
紹介記事はこちら→Because I am a Girl
会報誌もサイトから閲覧できます→プランニュース

プランジャパンへ継続的な支援(毎月3,000円以上)をすると、チャイルドスポンサーとして支援をしている子供と文通ができます。
我が家も長女が小学生になったら支援をしている子供と長女とで文通をしてくれたらいいなと思っています。

★にほんブログ村のランキングに参加しています★
ブログ更新の励みになりますので、よろしければ下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*本日もお読みいただきありがとうございます*
スポンサーサイト

2015/07/31 06:00 
育児Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。