スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

住宅ローンの抵当権抹消登記は自分でできます!

育児休暇に入ったらやりたいと思っていたことの一つ、
住宅ローンを完済した旧自宅の抵当権抹消登記をしてきました!

※関連記事→住宅ローン全額繰り上げ返済手数料の節約

ローンを完済した後、本当はすぐにでも手続きをしたのかったのですが、忙しさに感けて重い腰が上がらず・・・やっとやっと手続き完了。

銀行から書類を送ってもらい、法務局へ電話して申請に必要な書類などを確認して、すべてそろえてから管轄の法務局へ出向くと、わずか20分で手続きできました!

私の場合は銀行から送ってもらった書類+認印2つ(←二人の共有名義なので)のみ持参で足りました。
(私一人で申請に行くので、ひつじパパの委任状が必要かな?と思ったのですが、私が相談した相談官によると、夫婦共有名義の抵当権抹消登記の場合、配偶者の委任状は不要とのこと。)

銀行と提携している司法書士事務所に委託すると、我が家の場合(夫婦二人で共有名義なので2件分)約3.5万円の報酬(登録免許税含む)が必要だったのですが、

自分でやったら3千円でした!!

かかった費用は3千円の登録免許税のみ。

司法書士に委託した場合の費用と比較すると1/10以下ですよー!!!

我が家の場合、夫婦二人の共有名義で、ローンも半分ずつだったのですが、ローンの完済時期が同じだったので、二人分同時申請して1件として受け付けていただけました。
登記対象不動産が建物1戸・土地2筆なので、1,000円×3=3,000円です。
(夫婦別々の時期に完済してそれぞれ登記する場合は倍の6,000円かかるところでした)

過去にも、自分で住所変更登記をし、かかった費用は登録免許税だけ、同じく3,000円でした。
司法書士へ委託していたらこれも数万円はかかっていたのでしょうね。

不動産の所有権移転時(売買時)など、大事な手続きはプロである司法書士に委託すべきですけれど(もちろん私も委託しました)、住所変更や抵当権抹消登記は難しいことはないので、自分でも簡単にできます!

必要書類等をそろえて管轄法務局の相談窓口に行くと、申請書類の書き方を丁寧に教えてくれるので、指示された通りに書いて申請すればOK。
混んでいなければ20分程度で申請完了です。
(申請後、登記完了までは2週間程度時間がかかります)

みなさんも、ローン完済時は、自分で抵当権の抹消登記に挑戦してみてくださいね!
浮いたお金で美味しいものを食べましょう

---------------------------------------------------

気づいたら・・・また足裏が固くなっていたので(汗)フットピーリングをしました


ピーリング剤の入った靴下状の袋に足をいれ、一定時間放置したあと洗い流すと、数日後くらいから固くなっていた皮膚がぺりぺり剥けてきます。割れた鏡餅状態になっていたかかとも、これでピーリングするとつるつるすべすべに。
かかとが原因でのストッキング伝線もしにくくなりますので、夏が終わってもオールシーズン使えます。
フットピーリング剤のなかには、もっと安い物もありますが、トラブルなく使えているので、わたしはこれをリピート中。
これでも十分安いと思います!

★にほんブログ村のランキングに参加しています★
ブログ更新の励みになりますので、よろしければ下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*本日もお読みいただきありがとうございます*
スポンサーサイト

2015/08/11 06:00 
お金の話Comment(2) | Top ▲

コメント

参考になりました

手続きは敷居が高くなさそうですね。
ローンを完済した暁には自分たちで
手続きしようと思いました〜


No:4442 2015/08/13 08:21 | らいおん URL[ 編集 ]

Re: 参考になりました

らいおんさん、コメントありがとうございます(*^_^*)
抵当権の抹消登記や住所変更の登記は簡単にできますので、十分自分でできるかと思います!
浮いたお金も万単位ですからやる甲斐がありますよね(笑)
我が家はちょうどパスポートの更新時期にさしかかってきたので、差額をその費用に充て、残りは美味しいものを食べに行きたいと思います♪


No:4449 2015/08/14 00:00 | ひつじママ URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。