スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

実家で過ごした夏休み 6日目 再び虫捕り


実家で過ごした夏休み6日目は、次男を両親に預けて長女とひつじパパと私の三人で虫捕りに行きました。

行先は、前回とは違う近所のはらっぱです。

IMG_4858.jpg

空の虫かごを肩にかけ、網を持っていざ出陣!

歩き進めると、はらっぱを歩く人間に気づいたバッタやコオロギがびょんびょん飛び出して、大収穫の予感!?

気配を消して虫をみつけて網をかけたり、動いている虫をみつけて追いかけたり、気分はハンターです。
長女はなかなか捕獲できないながらも、根気強く虫を探してかわいいヒナバッタ数匹捕まえていました。
(ヒナバッタは大きなバッタと違い、飛んでも距離が短いので、子供でも比較的捕まえやすいです)

私は特大のショウリョウバッタや

IMG_4830.jpg

トンボを捕まえて

IMG_4850.jpg

二人にみせてあげると、歓喜の声!

私、田舎育ちなので、子供のころは友達や従兄弟と一緒によーく虫捕りをしました。
もう20年以上前のことですけれど、不思議と身体が覚えていているものですね。
網の扱いはもちろんのこと、バッタやトンボは網がなくても捕まえられるのですけれど(静止しているところを捕まえます)、某区出身で都会育ちのひつじパパにはこういった経験が乏しいらしく、珍しく本気で褒められてしまいました
いつもの私からは想像できない俊敏な動きだったようです(笑)

捕まえた虫を虫かごに移す作業も(二人から見ると)華麗な手ほどきだったらしく、ママの株は上がりっぱなし。
長女は虫を捕まえるのは好きなのに触れないし(汗)ひつじパパは捕まえてから籠にいれようとすると既に籠の中にいる虫が脱走しそうになってしまい、モタモタしていたので、お手本を見せ続けたのですが・・・結局この夏は伝授できないままでした。
来年こそ二人にマスターしてもらい、数年後には次男に教えられる程度になってもらいたいものです。

-------------------------------------

虫は捕っても刺されるな!

田舎のお外遊びには虫よけスプレーは必需品です。



子供にはさらに虫よけシールを貼ってダブルでブロック!



虫よけ対策をしても刺されるのではあれば仕方ないで済みますけれど、対策なしで後悔したくない。
私が子供のころはノーガードで遊んでいましたが(汗)、虫は刺されてもかゆいだけで済む蚊だけではありませんし、たまーにしか来ないところで変わった毒虫に刺されると対処に不安があるので、最低限の予防をしています。

★にほんブログ村のランキングに参加しています★
ブログ更新の励みになりますので、よろしければ下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*本日もお読みいただきありがとうございます*
スポンサーサイト

2015/08/22 06:00 
家族の話Comment(2) | Top ▲

コメント

夏休み満喫されたんですね!
都会だと原っぱってないですよね~
わが家も帰省した時に原っぱ遊びを楽しみました!
自転車の練習なんかも周りを気にせずゆっくりできますし、
虫取りも楽しい!私も娘もすっかり日に焼けてしまいました・・・。


No:4456 2015/08/23 17:15 | chacomama URL編集 ]

Re: タイトルなし

chacomamaさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよ、都会には自由に遊べるはらっぱないですよね。
だれもいないはらっぱで思う存分遊べ、私も童心に戻った気分でした(^^)
日焼けも同じく(苦笑)ガードしても焼けますよね。
次男も皺でかくれているところ以外こんがり焼けて、久しぶりに会ったママ友達に焼けたねー!と言われ続けています(@_@)


No:4457 2015/08/25 00:18 | ひつじママ URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。