スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

小2の学童どうする?

早いもので現在小1の長女は、あと3か月弱で2年生です!

2年生になると授業数が増え、下校時間が遅くなる曜日も出てきて、学童を
必要とする時間が短くなりますよね。

長女の場合、小1の4月から民間学童(週3回)と公設学童(週2回+民間学童
の日は送迎時間まで利用)を併用しておりますが、どちらか1つにすることを
含め、昨秋くらいから来年度の学童をどうするか検討していました。

現在の状況をまとめると

【公設学童】

メリット
・小学校から近い
・自宅から近い
・保育園時代からの友達や同じクラスの友達、学年異なる友達がいて楽しく遊んでいる様子
・指導員の先生が児童をお客様扱いせず、トラブルがあった場合もしっかり対応してくれる
・学童主催のイベントや、季節の遊びが多数取り入れており、子供らしい遊びをしている
・庭(校庭の一部)を利用して外遊びできる
・民間に比べて保育料が安い(現在月額8,000円ですが、来年9,000円・再来年10,000円になる予定。おやつ代別2,000円/月)

デメリット
・保育時間が短い(最長18:30まで)
・施設が古い(初めて見た時は体育倉庫かと思いました・・・)
・小学校併設なのに、小学校の施設(図書館・グラウンド・校庭等)が使えない
・宿題の時間が短く(みんなで一斉にやる時間を設けているが10分程度)、やっても正誤チェックなし
・友達と遊びたい気持ちに流され、宿題がやっつけ仕事(字が乱れているのですぐにわかります)になっている日がある
・父母会主催のイベントが多く、役員が大変

【民間学童】

メリット
・プログラムが多彩で、習い事を兼ねている
・先生の指導能力が高い(わからないことがあるとわかるまで教えてくれる)
・保育時間が長い
・図書コーナーが充実(話題の新刊も多数)していて、本を借りることもできる
・夏休みはイベントが充実
・いろいろな活動に熱心な良いお友達ができている
・自宅までの送迎サービスあり(費用を出せば)
・父母会活動がない

デメリット
・自宅からやや距離がある(バス通学です)
・同じ小学校の子が少ない(メリットでもありますが)
・基本室内なので運動遊びがしにくい(遊びたいときは室内でトランポリンをしているらしい)
・保育料が高い

※小学校では、放課後に校庭等の施設を児童に開放して、保護者が仕事をしている・していない
関係なく児童を預かる放課後全児童預かり保育ができるという噂も聞いてはいるのですが、少
なくとも来年のスタートはなさそうです。

長女の通っている公設学童は小学校の隣にある学童ですが、小学校とは完全に分離
されている為(行き来できないようゾーニングされています)、学校の施設(図書館・体
育館・グラウンド等)を学童利用時に使うことはできません。
児童館併設の公設学童に行っている方は、遊戯室が使えるメリットはあるけれど遊べる
庭がないという声をよく耳にします。(図書コーナーはあるけれどマンガがたくさん置いて
あるらしい・・・)
長女と同じような小学校併設型学童でも、学童の需要が増えて急遽プレハブで建設し
た学童保育を利用している方や、区立中学校(中学受験する方が多くて区立中には空き
教室がたくさんある中学があるそうです。この中学校の場合、全校生徒で50人程度。すぐ
隣にある区立小学校は各学年100人程度の児童がいるのに、中学校になると各学年1ク
ラスしかないとか・・・。)の中に区の学童保育ができたという話も聞いてびっくりしました。

私の住んでいる自治体の場合、住所割で申込可能な学童保育が決まってしまい、住所に
よるエリア分けは毎年のように微修正が入るので、学童の待機児童が増え、地域に新しく
学童ができたりすると、兄弟で別々の学童に行うことになってしまったり、自宅のすぐそば
に学童があるのにわざわざ遠い学童まで通わなければいけない児童がいるのです。
保育園のように指数の高い順に入れるのですから、自分で通いたい学童を選べれば良い
のにと思いますが、学童は子供ひとりで登校することを前提にエリア分けしているから、
地域制は外せないとのこと。

父母会も驚くほど熱心で(新しくできた公設学童はイベントも年に数回程度で負担が少な
いようです)役員や係の仕事もいろいろあり。保護者はしっかりした方が多くて、無責任は
人は少ないものの、中には口ばかり出してやるこやらない保護者もいますので、子供の
為とはいえ、仕事をしているから学童に預けているのに、なんでこんなに保護者がやらな
くてはいけないことがあるのだろうかとストレスに感じることもあります(汗)

民間学童は、英語等の習い事を兼ねているのと、長女がプログラムを楽しみにしていて、
来年も引き続き利用したいと考えています。
各プログラムについて、ここで詳細を書くことは控えさせていただきますが、とても素晴ら
しい内容で、長女は「今日はこんなことをしたよ!」と毎日楽しそうに話してくれます。
英語はオプションでつけているプライベートレッスンの成果か、物怖じせずにネイティヴの
先生と会話できる程になりました。

ただ、民間学童のすべてが素晴らしいわけではなくて、運動が好きなお子さんには物足
りないという話も聞きますし(長期休暇中は近隣の大きな公園に行くのですが、通常保育
中は外出なし)、長期休暇中のプログラムはこちらの求めているレベルに達していないこ
とがあって(夏休みの某宿題対策日にやってきた内容があまりに幼稚な出来で、どのよう
に過ごしたのかお尋ねしました。結局自宅でやり直しましたが、対策日なのに?ともんも
んとした記憶あり)、先生にご連絡したこともあります。
民間学童でも、やんちゃな子には先生が個別指導されていますが、公設学童と比べてて、
叱るような指導を必要とするハードルは高めな印象はあり。
長女の通っている民間学童は、ウエイティングが発生しているくらい需要があるので、民間
学童にしては児童をお客様扱いしていない学童だと思いますけれど、受け入れに余裕の
ある民間学童では児童に問題があっっても対応がマイルドすぎるというお話も聞きました。

※民間学童の中には、英語だけに特化したり、プログラム等は実施せずに「決まった時間子
供を預かること」「習い事や学校・自宅への送迎をすること」に特化した学童もあって、割り
切って使っていらっしゃるご家庭もいて、私のケースはあくまで一例です。

公設学童・民間学童、それぞれ良し悪しありますが、私(親目線)としては、週に2回しか利
用していない(かつ、小学校の施設を使えず、そこまでメリットが多くない)公設学童に毎月
1万円以上払うのであれば、他の習い事をした方が良いのではないかと感じ、来年は民間
学童に一本化しても良いのではとも考えました。(ただし、民間の倒産リスクや、トラブルのあ
った場合に公設に戻りたくても枠がないという問題はありますが)

千代田区や品川区に住んでいる方の公設学童の内容を聞くと、民間学童なんていらないと
思うほど充実していてうらやましく思いますけれど(ひょっとしたら私が知らないだけで、同区
内にも申し分ない公設学童があるのかもしれませんが)、私の住んでいる自治体の公設学童
は、学童施設によって保育環境に差があり、長女の通っている公設学童は引き続き通わせたい
と思えるほどではありませんでした。

自分の考えがまとまったところで長女の意向を確認してみると・・・

長女は「両方通いたい!」との返答。

公設学童の友達とも、民間学童の友達とも一緒に遊びたいし、一緒に勉強したいとのこと。
公設学童を辞めたら時間ができるからやりたいと言っていた他の習い事ができるよ、と話
したのですけれど、他の習い事に行くよりも、公設学童に通いたいそうです。

学童保育は勉強は習い事とは分けて考え、遊びを通して子供同士の関わり合いを学ぶとこ
ろでもあると考えると、長女の選択を親が否定することは残念なことだと思い、再考。

公設学童で宿題をやるとき、友達に早く遊ぼうとせかされて宿題がおそろかになっていたと
きの話をして、同じことを繰り返さないなら良いよと言い、長女の気持ちに添った選択をする
ことに。

ということで、来年も小1同様、民間・公設併用の学童スタイルを継続することとしました。

公設学童の2年保護者は父母会の役員・係でリーダー的な学年となり、いろいろと大変です
けれども、小学校のPTA同様、1期はお役目を果たすこととなりますので、私も頑張ろうと思い
ます(汗)

ちなみに冬休み中の学童利用状況は、公設学童メインでした。

民間学童がある日も、朝から公設学童に通い、お昼にお弁当を食べ、おやつ時間前に民間
学童へ移動。
(民間学童での特別プログラムもあったのですが、あまり魅力に感じる内容ではなく、ちょっと
残念に思いました)

クリスマス会が、民間学童と公設学童で同日だった日は、長女の希望で公設学童に行きました。
正直、民間学童の方がお金がかかっていますし、イベントの内容をみると私だったら民間だな
と思ったのですが(欠席しても費用清算なし)長女は公設学童のクリスマス会に行きたいという
ので、長女の気持ちを尊重。

学童保育は、仕事をする親の為だけでなく、子供が行きたいと思う場所、居心地よく過ごせる
ところであることも大切だと思いますので、コストや父母会の役員の有無に囚われず、子供の
気持ちを汲んだ選択をしていくこととしました。

2年生の夏休み前に再度今後の利用について考えてみようと思います。

-------------------------

昨年から資生堂のコンシーラを愛用しています!




いつもリキッドファンデーションを使っているのですが、目の下や鼻のまわりは重ね付け
してもカバーしきれなかったり、厚塗りになると崩れやすいですが、これは重ね付けなし
に少量を指にとってポンポンとたたきながら塗るだけできれいにカバーされ、(私にとって)
理想的なお肌になります!

資生堂なのにお手頃価格だし、ポーチに入れやすいサイズだからメイク直し用にポーチに
入れて持ち運んでもかさばりません。鼻をかんで赤くなった小鼻まわりや、マスクの跡も
これがあると簡単に修正できます。

チャコットのパウダーをはたいてベースメイク完成。



チーク・アイシャドー・リップはその日のコーディネートや体調・肌コンディションに
合わせて選んでいますが、このところルナソルが増えました







チャコットのアイライナー



オルビスのアイブロー


でメイク完了。

メイクは社会人としてマナーですから、手抜きしすぎず、高感度の上がる(不快感を与えない)
色選びを心掛けています。


★にほんブログ村のランキングに参加しています★
ブログ更新の励みになりますので、よろしければ下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*本日もお読みいただきありがとうございます*
スポンサーサイト

2017/01/09 06:00 
育児Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。